けいけいブログ

けいけいと申します。暮らしを便利で豊かにする『ガジェット・モノ』について綴っています。

DYMOのテープライターが、おしゃれで使い勝手も◎

記念すべき商品レビュー1回目は、こちらDYMOのテープライターです。

f:id:keikei-blog-2020:20200510183943j:plain

DYMO テープライター

先日、とあるユーチューバーが紹介されていて気になったため、amazonで早速ぽちりと衝動買いしました。

本体の見た目もかわいくて愛着が湧くデザインで、シンプル&レトロな小洒落たテープラベルが作成できます。

今までよく目にしたテープラベルですが、恥ずかしながらこの『DYMO』というテープライターで作成できるとは知りませんでした。

では早速、DYMOを実際に使用してみた感想をレビューしていきたいと思います!

 

 

購入金額

購入金額はamazonで約1,400円でした。
(ちなみに、amazon評価は約370件ほどのレビューで☆4つの高評価です。)

 

使用方法

・先ず、本体裏面(画像①)のつまみを上に押し上げ、裏蓋を開けます。
・次に、テープを本体にセッティングします。(画像②)
・テープを本体裏から差し込んだ後、画像⑤ノックを軽くカチカチと数回押します。
・画像③からテープが出てきます。
・画像④のダイヤルを回し、印字したい文字にセッティング後、ノックを押すと文字が印字されて出てきます。

f:id:keikei-blog-2020:20200510205318j:plain

ちなみにカットするときは✂マークにセッティングし、強くノックすると、ガチッと印字する時よりも大きな音がするので、その音がすればカットされています。

この印字する時の感触ですが、なんとも言えない気持ちよさがありますよ^^
ちょっとしたストレス解消です!

 

カラーバリエーション

イエローピンクブルー

こちらはパーソナルモデルですが、他にも色々な種類のDYMOがあるみたいですので、参考情報として、DYMO販売株式会社のホームページURLを添付しています。

www.dymo.jp


気になった点

唯一気になった点ですが、数字の0がないという点です。
最初は@マークを0代わりに使用していたのですが、よくよく考えたらアルファベットのオー(O)を使えばいいので、今は特に問題ないです。

 

まとめ

以上、DYMOのテープライターを紹介させていただきましたが、我が家では子供たちがとても気に入っていて、ラベルを作りまくり、あちこちに貼りまくって、テープが残りわずかとなってしまい、早くも次のテープを購入予定です(笑) 

 

テープカラーもバリエーション豊富で、ネームラベルを作成される方、収納品などラベリングされたい方におすすめのアイテムです。 

 

子どもも喜ぶ遊び心をくすぐる商品ですので、家で過ごす時間が多くなっているこの時期に活躍する商品だと思います!